イランIran

Press TV2015.11.13
No link between JCPOA, Iran-US ties: Rouhani
HomeIranPolitics Fri Nov 13, 2015 4:23PM
Iranian President Hassan Rouhani (R) speaks to correspondents of Italian newspaper Corriere della Sera during an interview, released on November 12, 2015, in Tehran.
Iranian President Hassan Rouhani has dismissed claims that the nuclear agreement reached between Iran and the P5+1 group of world countries, including the US, in July has had an impact on the Islamic Republic's ties with the US, differentiating between the two issues.
“The nuclear deal is one thing and the relationships with the US is another,” President Rouhani said in an interview with Italian newspaper Corriere della Sera, released on Thursday, in Tehran.
Iran and the five permanent members of the UN Security Council – the United States, Britain, France, China and Russia - plus Germany finalized the text of the Joint Comprehensive Plan of Action (JCPOA) over Iran’s nuclear program in the Austrian capital of Vienna on July 14.
Under the JCPOA, limits will be put on Iran’s nuclear activities in exchange for, among other things, the removal of all nuclear-related economic and financial bans against the Islamic Republic.
President Rouhani described the problems in Iran-US relations as “long-standing,” saying they started following the victory of the Islamic Revolution in 1979 and “have persisted” since then.
The Iranian president said that even following the signing of the JCPOA the US will not lift all sanctions against Tehran but only those related to the nuclear program.
“Therefore, the relationship between Iran and the US is a different issue. But the way we’ll implement the agreement can have an impact on the future,” he pointed out.
He emphasized that if the JCPOA is implemented well it will lay the foundations for "lesser tensions" with the US and create "the conditions for a new era."
“But if the Americans don’t meet their nuclear deal commitments, then our relationship will certainly be the same as in the past,” the Iranian president said.
Leader of the Islamic Revolution Ayatollah Seyyed Ali Khamenei has ruled out any negotiations between Tehran and Washington on matters other than the nuclear issue.
Iran “did not and will not hold talks with the US on issues other than nuclear negotiations,” the Leader said on September 9, adding that the US animosity toward Iran cannot be concealed.
“One [US official] smiles, while another draws up a [legislative] bill against Iran.”
New phase in Iran-Italy ties
The Iranian president also said Tehran and Rome have had “long good relationships economically, culturally and politically” and expressed hope that his trip will start a new phase in ties.
“As to international and political issues, the Italian leaders have always taken a moderate stance on us,” Rouhani said.
He added that Iran regards Italy as a partner and a friend in Europe.
The Iranian president's remarks came ahead of his scheduled visit to Italy and France, which would mark the first visit of an Iranian president to Europe in a decade.
President Rouhani will arrive in Rome on Saturday at the head of a high-ranking delegation to hold talks with senior Italian officials, including President Sergio Mattarella and Prime Minister Matteo Renzi.
http://www.presstv.com/Detail/2015/11/13/437502/Iran-Italy-US-JCPOA-Rouhani-Corriere-della-Sera

プレステレビ2015.11.13
JCPOA、イラン・米国・タイ間のリンクがない:ロウハニ
HomeIranPolitics金2015年11月13日4時23分PM
イラン大統領ハッサンロウハニ(R)はテヘランで、2015年11月12日にリリースされ、インタビューの中でイタリアの新聞コリエール・デラ・セーラの特派に語っています。
イラン大統領ハッサンロウハニがイランと米国をはじめ世界の国々のP5 + 1グループとの間の原子力協定に達したという主張を却下したが、7月には二つの問題を区別する、米国とイスラム共和国の絆に影響を与えました。
「核の契約は一つのことであり、米国との関係が別である、「大統領ロウハニはテヘランの木曜日に発表イタリアの新聞Corriereデラセラ、とのインタビューで語りました。
イランと国連安全保障理事会の5常任 - 米国、英国、フランス、中国、ロシア - プラスドイツはウィーンのオーストリアの首都で、イランの核計画オーバーアクションの合同総合計画(JCPOA)のテキストを確定7月14日。
JCPOAの下では、限界は、とりわけ、と引き換えに、イランの核活動にイスラム共和国に対するすべての核関連の経済金融禁止の除去を置かれます。
大統領ロウハニは、彼らが1979年のイスラム革命の勝利を次のように開始して以来、「持続している」と言って "、長年」としてイラン米関係における問題を説明しました。
イランの大統領はあってもJCPOAの署名米国以下のテヘランに対するすべての制裁を持ち上げるだけの核開発計画に関連するものではないと述べました。
「そのため、イランと米国との関係は、別の問題です。しかし、我々は未来に影響を与える可能性があります契約を実装します方法は、「彼は指摘しました。
彼はJCPOAがよく実装されている場合、それは米国で「少ない緊張」のための基盤を築くと作成されることを強調し、「新しい時代のための条件を。 "
「アメリカ人は彼らの核取引の約束を満たしていない場合しかし、その後、私たちの関係は確かに過去のと同じになります、「イランの社長は語りました。
イスラム革命アヤトラSeyyedアリー・ハーメネイーのリーダーは、核問題以外の問題に関するテヘランとワシントンの間の任意交渉を除外しています。
イランは「なかったとの核交渉以外の問題について米国との交渉を保持していますが、「リーダーはイランに向けて、米国の敵意を隠すことができないことを追加し、9月9日に語りました。
「別のイランに対する[立法]法案を描きながら、一つの[米国公式]は、笑顔。」
イラン・イタリアタイの新段階
イランの大統領はまた、テヘランとローマが「文化的、政治的、経済的に長く良好な関係」を持​​っていたし、彼の旅行は絆で新たな段階を開始することを希望を表明していると述べました。
「国際的な政治問題に関しては、イタリアの指導者たちは、常に私たちに穏健な立場をとっている、「ロウハニは言いました。
彼は、イランが欧州のパートナーと友人としてイタリアに対応したものであることを追加しました。
イラン大統領の発言は、今後10年の間にヨーロッパへのイランの大統領の最初の訪問をマークだろうイタリア、フランスへの彼の訪問予定の来ました。
大統領ロウハニ大統領セルジョ・マッタレッラ総理大臣とマッテオ・レンツィを含むシニアイタリアの当局者と会談し、保持するための高位代表団の先頭に土曜日にローマに到着します。
http://www.presstv.com/Detail/2015/11/13/437502/Iran-Italy-US-JCPOA-Rouhani-Corriere-della-Sera

イランIran
http://blogs.yahoo.co.jp/km11rb/55805208.html#55805208



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック