Iraq ― From this moment on

画像
kmrb 動画 ― Iraq ― From this moment on を公開します。

ヤフーkmrb ブログへどーぞ!…

イラクのみんなを思ってください!

イラクのクルドのみんなを思ってください!

お願いします!


kmrb

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

2014年09月02日 05:20
毎日毎日毎日毎日

ブログやって
動画作って
本書いて
情報拡散して
語学勉強して
キャラクター育成させて
食って寝て
お便所いってる…kmrb って…何者?…

自分にパチパチ…

パチパチ…スルメイカ焼けたかな…

タタタタターっ…コテッ…


タタタタターっ…

mifune
2014年09月02日 07:12
 日中戦争が起こったら、それは創価学会公明党の責任である


 明日にも日中戦争が起ころうとする現状であるが、こういう現状にしたのは公明党が集団的自衛権を容認したためである。公明党が日中戦争を容認した。公明党が日本国民全滅を招いた。

 中国奥地から核ミサイルが日本に沢山飛来するであろう。それらは日本国民を何十回にも亘って全滅させるだけの威力がある。

 公明党創価学会は日本を全滅させることを為した。日蓮大聖人の精神は公明党創価学会には微塵も残っていないことになる。

 今からでも遅くない。正木理事長を立てて創価学会公明党を一新することである。正木理事長には信仰心がある。他の最高幹部には信仰心はない。他の最高幹部にはユダヤ金融マフィアからの脅しに怯える卑怯な心しかない。

 集団的自衛権を公明党が容認した時点で日中戦争は容認されたことを婦人部は理解するべきである。「第三文明」に集団的自衛権容認の言い訳が4部に亘って掲載されていたが、それは言い訳に過ぎないことを見破るべきである。これは中学生にも簡単に見破ることの出来る内容である。

mifune
2014年09月02日 07:13
(つづく)


 池田先生は日中国交を開かれた。ところが公明党は日中戦争を容認した。完全な裏切り行為であり、師敵対行為である。婦人部は正木理事長を先頭にして立ち上がるべきである。紳士革命(無血革命)を創価学会本部で行うべきである。

 創価学会は婦人部で発展してきたし、婦人部で持ってきた。公明党の厳しい選挙は婦人部の闘いで勝利してきた。壮年部はほとんど無力(お酒を飲んでいた)であった。

 今回の集団的自衛権容認は日本の破滅に直結するものであり、蒙古襲来の再来とも言える。今、婦人部が正木理事長を立てて立ち上がらなければ日本は確実に亡ぶ。
mifune
2014年09月02日 07:17

創価学会婦人部に告ぐ(1)

正木理事長は命を賭けて日本民族を護ります



 数日前、ある親しい創価学会副会長と語り合い創価学会婦人部は、自分達が日中戦争を阻止できるという方程式を全く理解していない、ということでしたからここに書きます。

 現在の創価学会首脳部に信仰心を残しているのは正木理事長ぐらいであり、谷川事務総長など他は信仰心が冷めてしまっています。火焙りの刑にあっても信仰を棄てないのは正木理事長ぐらいです。
 また、彼ら谷川事務総長らは池田先生批判を起こそうとして準備中ということです。
 
 今、創価学会婦人部が創価学会内で紳士革命(無血革命と言ったら分かりやすいかもしれません)を起こし正木理事長を正式な4代目の会長にすることです。
 なお、1代目は牧口常三郎氏、2代目は戸田城聖氏、3代目は池田大作氏です。

 すると創価学会が再生します。公明党も再生します。そして日本も再生します。日中戦争は阻止されます。
 このままでは明日にでもベトナム戦争のトンキン湾事件のようなものを日本は起こし日中戦争が開始されるでしょう。
 中国は全く戦争したくないのですが、日本が戦争を一方的に仕掛けてきたら応じざるを得なくなります。
2014年09月02日 07:18
創価統一を仕切っているのが

CIAであることを常に念頭におかなければならないと思います。

だから我々は手分けして

CIAを探り
創価を監視し

中東を見守り
極東の抑えにあたっているのです。
mifune
2014年09月02日 07:18


創価学会婦人部に告ぐ(2)

 日本は戦争派のジャパンハンドラー(リチャード・アーミテージ、ヒラリーなど)に操られています。気象庁も自民党も国会議員の大部分もジャパンハンドラーに操られています。
 戦争反対派がオバマ大統領などですが、安倍首相など日本の中枢の大部分は戦争派(軍需産業派)に乗っ取られています。
 このため、オバマ大統領は安倍首相を嫌っているのです。

 日本には平和団体は1001人委員会など有りますが、命を賭けて日中戦争を阻止しようという情熱のある人は非常に少ないようです。
 先日、新宿で集団的自衛権などを批判して焼身自殺した男性ぐらいしか命を賭けて日中戦争を阻止しようという情熱を持っている人は居ないようです。
 それに比べて創価学会婦人部には命を賭けて日中戦争を阻止しようという情熱を持った人は多く存在します。
 創価学会は戦争絶対反対だからです。
 先日の公明党の集団的自衛権部分的容認への弁明は弁明に過ぎませんでした。あれでは明日にも戦争が起こってしまいます。

 創価学会が再生すると公明党も再生します。そして日本も再生します。日中戦争は阻止されます。
 公明党の党首に正木理事長をするという方法も考えられます。

 正木理事長は命を賭けて日本民族を護ります。正木理事長は戦争絶対反対です。日中戦争を阻止されます。
 ここに夢とされた広宣流布が成就されるかもしれません。
2014年09月02日 07:23
RK先生が言われるように

創価の一般信者のかたの覚醒が

日本を変えるかもしれませんね…

創価幹部が今していることは
大量虐殺への加担に他なりません。

この記事へのトラックバック